ゲームブック【寄生木の夜】

もくじ

■ 取扱店
■ 概要
■ 立ち読み
■ 正誤表
■ 「二人を救う3ケタの数字」のヒント(初版をお持ちの方用)

→ 登場人物シートのダウンロードはこちら


取扱店

以下のお店で取り扱っていただいています。
※在庫や、見本誌の有無は、各店舗にお問い合わせくださいますと確実です。

イエローサブマリン 秋葉原RPGショップ
イエローサブマリン 新宿ゲームショップ
イエローサブマリン 川越カードショップ
イエローサブマリン 京都店
イエローサブマリン 横浜店
イエローサブマリン なんば店
まんだらけ本店Ⅱ(2017/01/04追記。中野ブロードウェイ内3F)

【通信販売】
まんだらけSAHRA ARK(2017/01/20追記)
イエローサブマリンONLINEFLAGSHOP(2017/01/30追記)


概要

殺された修道士カデリンは幽霊となって、陰謀うずまく修道院で死の真相を究明します。
サイコロやペンの用意がいらない、気軽に読めるゲームブックです。

● B6サイズ 352ページ、本の厚み 約1.6cm
● パラグラフ数 216
● 付属品 透明シート【死者の目】
● ダウンロード配布 登場人物シート
(2016.12.08更新)

☆ 既刊と比較すると、
ページ数が「青の匣<下>」よりやや少なく、厚みが「青の匣<上>」よりやや厚いです。
文章の印刷されている紙は、「青の匣<上><下>」より薄い、一般的な文庫本程度の厚みです。

寄生木の夜

殺された修道士

生贄の風習がいまだ残る荒野の修道院。
主人公である修道士のカデリンは、何者かに殺されてしまった!

幽霊になったカデリンの前に「仮面の修道士」が現れる。


――「生き返る方法がひとつだけある。
夜明けまでに、お前を殺した犯人を見つけ、それを知らしめよ」――

寄生木の夜

12人に憑依し、生活を覗く

カデリンは名前を知る人物に憑依することができる。
どの人物に憑依するかで、同じ物事も違った角度から見えてくるのだ。

憑依を繰り返すことで、12人の関係者の思惑が、人生が垣間見える。
そして、修道院で暗躍する陰謀が明るみに・・・。

寄生木の夜

透明シート【死者の目】で、事件の手がかりをつかめ!

幽霊となったカデリンは、生前とは違ったものが見えはじめる。
付属の透明シート【死者の目】を重ねると、生者には見えない情報が手に入るぞ。

寄生木の夜

☆ 上の動画では、例として「ゲーム」「ブック」と表示させています。
こんな風に、透明シートを重ねると秘密の情報が手に入ります。

時間ごとに分割されるパラグラフ

誰に憑依するかは君しだいだ。

しかし残酷なまでに、夜明けは刻々と近づいてくる。
事件を解決しないまま夜明けを迎えると、ゲームオーバーになってしまうぞ。

寄生木の夜

失われた7つの記憶

主人公はスタート時、前日の記憶を失ってしまっている。
特定のパラグラフ(段落)を読むと、記憶の一部分が蘇ってくるぞ

7つに分かれた記憶の断片をすべて組み合わせたとき、秘められた真実が浮かび上がる・・・。

寄生木の夜


立ち読み用PDF

PDFで物語の最初を試し読みすることが出来ます。

寄生木の夜

☆ 画像クリックでPDF(約1.4MB)を開きます。


寄生木の夜 初版 正誤表

皆様にお詫びするとともに、謹んで訂正させていただきます。

● 寮長 20時

「▼猫の名前を知っているなら、憑依する……猫の名前の 20時へ」
の選択肢を無視していただけたら幸いです。

☆ この修正は当初
『フェルミ 20時30分 7行目 「たしかこの後、はじめてアンドラステと」~「時間を繰り返してしまうということか?」の6行を無視』
として公開しておりました。同じ箇所の誤りですが、修正の方法を変更いたしました。重ねてお詫び申し上げます。

☆ バグ・誤植がありましたら、もしくは、おいしいたにしのツイッターアカウント@ta2sh1までお寄せいただけるとありがたいです。


「二人を救う3ケタの数字」のヒント(初版をお持ちの方用)

ゲームブックに登場する「二人を救う3ケタの数字」のヒントですが、
2版以降、より分かりやすい文章に変更しました。

初版をお持ちの方のために、2版に掲載したヒントを公開いたします。

以下に白い文字で掲載いたします。
PCでは、マウスでドラッグして文字を選択状態にすると読むことが出来ます。
スマートフォンでは長押しして、選択した文字をどこかにコピーすることをお勧めします。

■ ヒント ↓

【カタカナを見つけるためのヒント】

私はいままでのことを振り返った。
死んでからの、さまざまな場面が脳裏によみがえった。

しかし、死ぬ前に関してはどうだろうか?
つまり、あの『仮面の修道士が現れるその前』だ。

私がここへやってきた初めての日。
『真っ暗な』大聖堂の『まんなかで天使像』を見上げ、
一生を神に捧げると決めたそのときまで、
私は記憶をさかのぼりはじめた。

【『二人を救うための数字』のヒント】

ふと、ひらめくものがあった。
『セナカ』──そう、背中と関係あるのではないだろうか。
『背』と言えば、どこの場所を指すかというと……。

それと気になっているのが、ドウィン様の言った最後の言葉
─『恐れることなく、その両目で真実を見極めよ』─
あれはどういう意味だったのだろう。

おお聖リガントナよ。あなたが荒野にさまよえる時、『輝く星が導いた』という。
祈りが届いているなら、どうか二人もお導きください。

……思えば、ルウェリンが少女と林へ出かけた時。あの時から全ては始まっていた。
『目と鼻の先』にいた『木に隠れているもの』に、あのような意味があろうとは。

■ より詳しいヒント ↓
9つのカタカナを見つけるには、物語が始まる前や終わった後、
特に最後の『暗闇に立つ天使像』にも注目してほしい。

カタカナを並べ替えると『セナカニメヲ……』と、意味を持つ言葉になる。
『セナカ』とは、私カデリンが生きている世界──四角い形をしている──の『背』のことであろう。

『両目』で真実を見据えるには、何かのきっかけが必要かもしれない。
『輝く星』が『岐路』に立つ者を導いてくれることだろう。
『岐路』は複数あるので、試してみるとよい。

しかしそれだけでは不十分だ。
『木』に隠れているものを見つけるには、表紙の『木』と比べてみると良いだろう。

(ヒントここまで)